プロフィール

しゃらら

Author:しゃらら
日本料亭で客室係りとして働きながら、日々奮闘しています。様々なことにチャレンジしながら自分を磨きたいと思います。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


FC2ブログランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日読んだ白洲正子さんの本の中に青山二朗さんの作品集の一節が紹介されており、その文に心が留まりました。
それが次ぎ紹介する文です。

日本人の眼は昔から鑑賞陶器では納まらなかったから、物の姿や形を我が人生と観て、活用の途を工夫し、眼といふものが物をぱくぱく食はずには置かなかった。……見れば解かるという物は先づそれっきりの物だが、これこそは人が物を人格にまで高めて眼がそこから学ばなければならない暮しである。




焼き締め土瓶セット高田雅楽作


日本人の眼というより、日本人が物をとらえる心の眼というものがどれほど繊細で、他の国の人にはない感性を古来よりもっていたのかを、改めて思う一節でした。
日本人は眼で見て、心で見る。
耳で聞いて、心で聞く。
肌で感じて、心で感じる。

秋風にゆれるすすきを見て、はらはらと舞う枯葉を見てもののあはれを思う。
松に吹き流れる風の音を聞いて、悠久を思う。
そんな心があるから、茶道という学びの世界が生まれ、大切に受け継がれてきたのでしょうか。    




「高山寺赤絵抹茶茶碗」 山岡善昇 作

日本人に生まれてよかったと改めて思います。


★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村 通販ブログへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。