プロフィール

しゃらら

Author:しゃらら
日本料亭で客室係りとして働きながら、日々奮闘しています。様々なことにチャレンジしながら自分を磨きたいと思います。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


FC2ブログランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松任谷由実が350曲を超える膨大なライブラリーの中から、「四季」をテーマに選曲したベストアルバムを出しました。
その名も松任谷由実ベストアルバム「SEASONS COLOURS」-春夏撰曲集-
春と夏をテーマにしたユーミンの歌がそれぞれ16曲ずつ収録されています。

40歳を越える私たちの世代にとっては、ユーミンの歌は青春の思い出。
荒井由美時代の「ひこうき雲」や「卒業写真」は、今も時折、私の頭の中をめぐり、時には口ずさんでいる青春の歌そのものです。

特に「卒業写真」は、寮生活をしていた高校時代に、先輩が歌ってくれた思い出の歌。
全寮制で、テレビも見られなかった時代に「ああ、こんな歌があるんだ…」と心に響いた一曲でした。
何度も何度も口ずさみ、大人になってもカラオケで歌う私の十八番となりました。

もうひとつ、ユーミンの歌の中で大好きな曲があります。
それは「やさしさに包まれたなら」。
確か、昔CMソングに使われていたと思います。
そして、宮崎駿アニメ「魔女の宅急便」で再び注目を浴びましたね。

  ♪小さいころは 神様がいて
   不思議に夢を かなえてくれた

ああ、ユーミンという人は、そういう育ち方をしたんだなあ…。
このファンタジックな歌詞は、童話が好きで、絵本作家をめざしていた私の心を引き付けました。
そう、大人になっても奇跡はおこるのだ…と。
ユーミンのあのもやめいた歌声が、なんだかそれを信じさせてくれるような気にさえしてくれました。

この頃では、何を歌っているのか歌詞が聞き取れないような、ガチャガチャした曲が多くなりましたね。
私のような熟年世代では、ユーミンの歌のように、ゆっくりと聞かせてくれる曲がいいなと思います。
そう、そんなやさしさに包まれたなら、甘くせつない青春時代を彷彿させ、思い出に浸ることができるのですもの。


          松任谷由実ベストアルバム「SEASONS COLOURS」-春夏撰曲集-


★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト
先日入院していたときのこと、お見舞いにとお花をいくつかいただきました。
そんな中でピンクを基調としたアレンジメントフラワーが、とても目に優しく、心を柔らかくなごませてくれました。
赤や黄色の花は元気さを訴えているようでしたが、体調の悪い時は優しいピンクが心にす~っとなじんでくるような気がしたのです。
ピンクのスイートピーやガーベラを見上げては、癒されていくのを感じていました。

ルイヴィトン 06年ピンクシフォンスカーフ 

色というのは不思議なものですね。
同じものでも、色が違うというだけで、随分印象が変わってきます。
そんな微妙な心の変化が様々なことに影響を及ぼすのでしょうか。
色について影響を及ぼすといえば、「風水」をまず思い出してしまうのですが、「カラーコーディネーター」という言葉もずいぶんと耳にするようになりました。

以前私の友人が「カラーコーディネーターの勉強をしているの」と言ったことがあります。
カラーコーディネーターの勉強をしてどうするのだろう…?
それがどれほど社会の中で生かされるのか、その時の私にはわかりませんでした。

いろや色彩の情報、占いも充実のSNS - Colorful*CAFECLIP -というサイトを見つけました。
ここでは「カラー診断」「色彩検定」「カラー占い」「色彩心理」などのコンテンツがあり、「色」に関しての様々な情報やブログコミュニティなどが紹介されています。
そこでカラーコーディネーターがどういう仕事なのかが書かれていて、よい仕事をするためには「相手の心理地図に入る」つまり、「自分だけのものさしではなく相手の持っているものさしを理解し受け入れる」という随分奥の深い仕事であることがわかりました。
これらの内容は、最近多く出回るようになった、流行にとらわれるのではなく、地に足をつけた生き方を提案している生活雑誌を読むような感じを受けます。
ときどき訪れてみたくなるお勧めのサイトです。

ところで私の好きな色といえば、以前はオレンジ色でした。
オレンジは希望の色…朝陽の色なんですね…そう思っていました。
今は…?
オレンジももちろん好きですが、今、私はピンクが気に入っています。
なぜかって?

                      和柄ちりめんコサージュ/ヘアクリップ付き(小)。和装にも洋装にもかわいいヘアアクセサリー(色05桃色) 

私に一番似合う色なのです。
6~7年前、着物の仕事をしていたときに気がついたのです。
自分の身体に合わせてみる着物の中で、ピンク系が一番私の顔をきれいに映してくれることがわかったのです。
それまで身にまとうなら紺色とか深いグリーン系が好きだ~と思っていたのに、まさか自分がピンクが似合うなんて…。
もうピンクが似合うというような年齢ではないのですが、淡いピンク系が不思議と似合うのですね…。
あれれ?ピンクが似合うってことは「おばちゃん」ってことなのかしら?
なんにしても、きっとピンクは私に不思議な力を与えてくれる気がします。
だって、優しい気持ちになれますもの。

いろや色彩の情報、占いも充実のSNS - Colorful*CAFECLIP -

★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

先日の入院のお見舞いに、絵手紙付きのお見舞金をいただきました。
普通お金しか入っていないお見舞い封筒に、それは入っていました。

私はもう10年くらい絵手紙を描いていますが、自分が絵手紙をもらうことはほとんどありませんでした。
主人の叔父からいただいた絵手紙は、私に小さな感動をくれました。
あの叔父が、こんなことをするようになったなんて…。
それは便箋に早春の植物を描いた、あたたかい絵でした。
     
絵手紙
   

私の絵手紙は、たいてい葉書に描いていますが、よくある絵手紙のように画面にいっぱいに軽やかなタッチで描くものとは違い、どうしてもちまちまと時間をかけて描いてしまいます。
いろいろなタイプの絵を描いてみたくて、直接絵の具をのせて描いたり、鉛筆やシャープペンで下書きしてから塗り込んだり、鉛筆一本で描いたり…とときどき手法を変えてみたりしています。
じっくり時間をかけて描くときと、さっと手軽に描きたい!と、できるだけ時間をかけずに描いてみたりするときと…その日の気分によって変わります。

でも、受け取ってくれる人は皆喜んでくれているようで、特に最近はじめた実家への絵手紙では、母が近所の人に自慢して見せたりしているのだとか。

今回、こんなふうに自分で絵手紙をもらってみて、改めて「絵手紙っていいなあ」と思いました。
以前、「絵手紙屋さんをしよう!」と思い立ち、自分のホームページの中で宣伝してみましたが、お客さまはたったの一人でした。
今、時折自分の描いた絵を別のブログに挿絵として載せていますが、もう一度絵手紙屋さん、宣伝してみようかなあ。
        
           絵手紙屋

  

自分宛だけでなく、誰かへのプレゼントとしても変わっていて喜ばれるのではないかと思うのです。
例えば、田舎のご両親とかおじいちゃんおばあちゃんとか。あるいは一人暮らしをしながら頑張っている人にとか。
興味のある方は、一度下のページを覗いてみてくださいね。
あなたに絵手紙をお届けしますよ…。
        
  ■しゃららの絵手紙屋さん

★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

きょう「ありがとう伝説」という名で郵便が届きました。

 何だろう?…あ、そうか!

「ありがとう伝説」とは、昨年暮れに買った「あめ」のことでした。
私が昨年12月に、そのあめに出会ったときには驚きました。
驚いたというより、感動!でした。
そのあめはよく言われる「金太郎あめ」のひとつで、その切り口がなんと「ありがとう」という文字になっていたのです。

 すごい~! いったい、どうやって作ったんだろう?

それは日本でも数少ない職人さんの手で作られたあめ、ということでした。
小さな白い丸の中に、きれいな赤い文字で「ありがとう」と書いてあるのです。
今まで、うさぎやひよこなどの絵の練りこまれた金太郎あめは見たことがありましたが、文字は初めてでした。
しかも小さいのに「ありがとう」ときれいに入っているのです。
小さな袋に8個くらい入っていて、確か380円…?と高めでしたが、とにかく感動してしまって、買って帰ったのです。

このあめをみんなに見せてあげたい!
誰かにあげたい!
きっとみんなおどろくはず。そして喜んでくれる~♪

私はわくわくしてその使い道を考えました。
そして私が思いついたことは…
年末の仕事納めの日、
「今年も1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします」
と最後の挨拶をするときに、そのあめをひとつずつ差し出すことにしたのです。
思ったとおり、みんな喜んでくれました。
たったひとつの小さなあめなので、すんなりと受け取ってもらえました。
でも、ちゃんと「ありがとう」という気持ちが伝わりました。
そして最後のひとつは自分で食べました~。
 とってもおいしい~、あめでした~♪

そのあめの入っていた袋の中に「このあめがどんなふうにあなたのところにやってきたのか教えてください。」「全部食べないで、ひとつは誰かに渡してください」「このあめのエピソードを書いて送ってくれたらお礼に別の金太郎あめをプレゼントします」と
確かこのようなことが書かれた紙が入っていたのです。
年が明けてしばらくしてから、そのことを思い出しはがきを出しました。
感動して「ありがとう伝説」のあめを買ったこと、年末の挨拶のときにみんなに1個ずぐ渡したことを書いて…。

それから1ヶ月以上経ち、きょうそのプレゼントが届いたというわけです。
そのあめが下の写真です。
「ありがとう伝説」のあめ、また機会をみて必ずもう一度買いたい!と思っています。
こんな素敵なあめがあるのよ~って、みんなに教えてあげたい!
何かのお礼に「ありがとう伝説」のあめを渡したい!
味も上品な甘さでとっても美味しい♪ おすすめです☆

arigatoudennsetu


■「ありがとう伝説」フリーダイヤル 0120-86-39-18
有限会社 桝井
大阪府守口市加治町ー28-5
℡06-6907-8818

★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

作家もの専門店通販うつわくらぶ京です
先日、わずかな入院期間に「お見舞いに…」とお花をいくつかいただきました。
部屋に入って来る看護婦さんたちが「ここだけ春ね。」と喜んでいました。
一人の看護師さんが、「すっごくいい匂いがするね。この花の匂い?」
と言うので、それまで体調が悪くてあまり匂いを感じていなかった私は、花の束に顔を近づけ「くんくん…」と匂いをかいでみると、確かに甘いやさしい匂いがします。
その匂いのもとは「ピンクのスイートピー」のようでした。

  へえ、スイートピーってこんないい匂いがするんだ。●送料無料●香りのサイクル(スイートピーアレンジメント)

スイートピーは花の形がかわいらしく、頼りなげで愛らしい花です。
たくさん束になっているのがよく似合う花ですね。

    チューリップとスイートピーのアレンジメント♪春うららかなフラワーギフトです☆
そんなスイートピーの苗を、きょう体力回復のためお散歩がてらに行ったスーパーで見つけました。
1ポットに2本の苗が5~6センチ伸びて50円という値段!
これは買うしかないでしょう~♪
ピンクやホワイト、ライトブルーなど4種を選び買ってきてしまいました。
もう少し体調がよくなったら、プランターに植え替えようと思います。

ベランダに紐を張って、そこを伝って伸びてくるスイートピー…想像するだけで楽しくなってきました。
マメは5~6月が旬だから4月の終わりくらいから5月にかけて花が咲くのかな?
退院したてで、まだまだ気重だった私ですが、スイートピーになんだか元気をもらったようです。
                              アップルワン フォーチュンフラワー カプリコーン スイートピー 300ピース


★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

VIVI 80×60バナー 春コスメ モテ顔美人 魅惑のいちごスイーツ 新生活応援フェアー

テーマ : 花のある生活 - ジャンル : ライフ

3月3日、きょうはひな祭りですね。
ひな祭り…というとスーパーではお寿司の材料がどーんと前に出て売られています。
主に散らし寿司を作る家庭が多いようです。

【送料・代引手数料無料!】雛人形(ひな人形) 衣装着親王平飾り

私もきょうは散らし寿司を作りました。
家族が少なくなったということもあり、インスタントの混ぜ合わせ材料に鰻と卵と青味にインゲンを加え簡単に作ってしまいました。
例年とおり、仏さんにも少しお供えしました。

私が子供の頃、小さな、それでも七段飾りの雛人形を母と妹と出すのが楽しみでした。
お雛様を出したその日から、お雛様には毎日お水とお茶とごはんと味噌汁はお供えしていました。
祖母がいましたので、そのへんは結構うるさくきちんとしていましたね。

3月1日には「ひな様の餅」といって、ひとつが手のひらほどの大きさの三色のお餅をついてお供えします。
3月2日には「ひな様のまんじゅう」といって、三色に染められたもち米を皮のうえに少し載せて蒸した、蒸し饅頭をお供えします。
そして3月3日には散らし寿司を作ってお供えし、夜には「ひな様が杖にして帰るから」と、なぜか「分葱」を箸のように2本切りそろえお供えするのです。
それらはすべて祖母の指示で、毎年繰り返し行われてきたのでした。
                      【白水堂】桃カステラ(二個入り)
【白水堂】季節の和菓子12種セット

結婚して娘が生まれ、実家から大きな七段飾りを贈られ、私はその祖母の教えられたことをできるだけ受け継いでやってきました。
といっても、お餅をつくことができないので、菱餅をかったりひな祭り用の和菓子を買ったりして代用して3日間は、ひなあられとは別にお供えをしてきました。

娘が嫁いで、女の子が生まれ、娘の雛人形はその孫娘に受け継がれました。
(私たち親が新たに雛人形を買ってやれるだけのお金がなかったこともあるのですが…)
今朝、娘から突然メールが届きました。
「すし飯の作り方教えて!」
早速返信しておきましたが、どうやら娘もきょうはお寿司を作るようです。
若すぎる結婚をし、何もできないままの娘でしたが、私が毎年やってきたことを思い出したのでしょう。
こうやってささやかな伝統?が受け継がれていくのだなあ、と思った一日でした。
お雛様箸置きペア


★ブログランキングに参加しています。
このブログが気に入りましたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。